業務内容安全性情報の収集提供について会員制度
お問い合せ

 
 業務内容
飲食店、食品製造施設内で製造(調理)される食品が衛生的に取り扱われているかどうかを簡易的に検査をすることができます。 従事する人の手指、取り扱われる器具容器類、製造調理された食品の検査を行い、衛生的でない部位を認識し、 どのような取り扱いをしたらよいか大まかな判断をすることが出来ます。

検査項目 検査の目的 検査方法
大腸菌群 糞便や土壌などに広く分布する菌で、汚れの度合いを見る指標となります。 洗浄した後の手指、器具容器類及び加熱調理食品から検出された場合は取り扱いの良否がわかります。 検査はスタンプスプレッド法により行われます。プラスチックのラバーを手指、 器具などの検査部位にスタンプした後当社に持ち込み、大腸菌群などの選択培地で培養します。綿棒による検査手法もあり、 より精度の高い結果を得られます。ニーズに合った検査手法をお選びいただけます。
大腸菌 大腸菌群の中で人間の糞便や動物の糞便に由来します。 この菌の検出は糞便の汚染を意味します。
黄色ブドウ球菌 食中毒起因菌です。人の手指の傷など化膿したところに潜んでいます。 この菌の検出は、手指に化膿槽などがあったか、洗浄消毒が十分行われていなかった事を意味します。 

製造(調理)された食品は、見た目には衛生的に製造されたか否か判断できませんが、 細菌検査を行うことにより、それらを判断することが出来ます。また、弁当、惣菜などの食品は期限の表示を行うことになっていますが、 期限の設定をするための科学的データが必要とされます。保存試験を行うことにより科学的に期限の設定をすることができます。

検査項目 検査の目的 検査方法
一般生菌数 一般生菌数とは食品の衛生学的品質を評価する衛生指標菌の一つです。食品の取り扱い状態の可否などを調べるための最も一般的な検査項目です。 包装品である場合はそのまま、包装されていない場合は滅菌された容器に、 衛生的に50g以上をサンプリングし、菌が増殖しないようにすみやかに当社に持ち込み、選択培地で培養します。
大腸菌群、
大腸菌、
黄色ブドウ球菌
その他食中毒起因菌(腸炎ビブリオ、サルモネラ、セレウス等):腸炎ビブリオは海水由来です。 サルモネラは動物の腸内細菌です。セレウスは土壌由来の菌です。

同一に製造(調理)された食品を決められた時間、日毎に検査を行います。細菌は時間の経過と共に増殖します。 細菌数の基準値に達する時間、日数に安全係数をかけたのもが設定される期限になります。

飲食店、食品製造施設などに立ち入り、食品の取り扱い・管理、施設設備の管理状況を調査します。 それらに不適切な事項がある場合は、写真を添付し、不適の内容、衛生的危害の発生の可能性、改善方法等を書類にて報告します。 衛生点検では、点検時に拭き取り検査、製品検査を併用して行うこともできます。

食品による事故の発生の原因は、主として取扱者の衛生的知識の不足から起きています。 そのため、食品取扱者の衛生教育は大切です。また、法律の改正や、最近の食中毒などの食品による事故の傾向などの知識を得ることも重要です。 当社では、衛生講習会の講師を派遣し講習会を行っています。

業務内容安全性情報の収集提供について会員制度
 

安全性情報の収集提供
食中毒の発生状況や食品の安全性に関する情報など、食品衛生上欠かせないあらゆる情報を収集し、
わかりやすく解析し、迅速にメールなどで提供します。現場での食品安全確保の一助となっています。

 

会員制度
私どもフードサイエンスでは、食品衛生向上などの食品の安全性を高めるため一貫として微生物検査・理化学検査を
より実施しやすいようにするために、フードサイエンス会員制を設けております。
会員になっていただきますと、生活者のニーズに的確に対応した情報を提供させて頂くことはもとより他社よりも
安い検査料金でご利用いただけます。

 

入会を希望される方はフードサイエンスまでご連絡ください。
お問い合わせは、こちらをご覧ください。

業務内容安全性情報の収集提供について会員制度